歯周病末期になった場合の治療方法と重度歯周病の症状

  • 当院のアクセス・医院情報
  • 088-653-2037

MENU

重度歯周病の場合の治療方法と症状 重度歯周病の場合の治療方法と症状

重度歯周病(歯槽膿漏)になったら、入れ歯にするしかない!?可能な治療方法は??

歯周病は、かつて「歯槽膿漏(しそうのうろう)」と呼ばれていました。『「膿」が「漏(も)」れ出てくる』と書くのですから、名前だけでも恐ろしいイメージを持つかもしれません。
しかし、膿が出るだけでなく、さまざまな症状が現れ、歯が抜け落ちるほどの本当に恐ろしい病気なのです。

重度の歯周病の症状

重度の歯周病の症状には、主に次のようなものがあります。

  1. 歯肉の出血
  2. 歯肉の腫れ
  3. 歯のグラつき
  4. 歯並びの乱れ
  5. 知覚過敏(歯根露出による)
  6. 歯肉からの排膿
  7. 噛むと痛む
  8. 口臭がきつくなる

歯を支える骨が吸収されてしまうので、歯のグラつきが生じますが、ひどくなると歯が抜け落ちてしまいます。
また、これだけの症状がありながら、痛みがない場合もありますし、審美性にも悪影響が及びます。

重度(末期)の歯周病になると、歯周ポケットの深さは6~8ミリとなりますが、ひどい場合では10ミリに達する場合もあります。

外科的手術(歯周外科)が必要になる場合もあります

重度歯周病になると、歯周病の初期治療やルートプレーニングでは、効果的と言えません。歯周ポケットが深くなればなるほど、深い部分の歯石・プラークを除去するのが困難になりますから、進行を抑制することができなくなってしまいます。
歯周病の手術には、プラークコントロールしやすくするための歯周ポケットを減らす手術、腫れが治まらない歯肉を切開する手術など、さまざまな手術があります。歯周外科治療については、徳島庄野歯科で行う歯周病手術のページで詳しく紹介していますので、ぜひご確認ください。

抜歯が必要になるケースとは?

次のようなケースでは、抜歯が必要になる可能性があります。

  1. 歯のグラつきが大きい(左右だけでなく上下にも揺れる)
  2. 広範囲にわたって歯槽骨の吸収が進んでいる
  3. 周辺の歯に悪影響を及ぼしている(及ぼす可能性が高い)

しかし、抜歯が必要となる基準については、歯周病の歯だけでなく、周辺の歯への影響患者様の生活習慣持病など、多くのことを考慮する必要があり、明確にするのは困難です。
口の中全体のことを考えて抜歯の必要性を考慮する必要があり、上記に当てはまらなくても抜歯が必要になる場合もあります。

当院では、ご自身のケースではどうなのか、どうして抜歯が必要なのか、保存するとどのようなデメリットがあるのかなど、十分に説明したうえで治療を進めています。

抜歯後の欠損治療

歯を抜いた後の治療法には、ブリッジ・入れ歯・インプラントがありますが、歯槽骨の吸収が進んでいる場合には、骨量を増やす治療をしなければインプラント治療ができない場合もあります。

重度の歯周病の場合、複数本の歯を失うケースも少なくありませんが、以前は入れ歯でしか対応できませんでした。
しかし、近年は骨吸収が進んでいる場合には骨造成や骨再生治療を行い、インプラント治療も行えるようになっています。
片顎全ての歯を失っているケースでも、総入れ歯ではなく、オールオン4という治療法によって、患者様の負担を抑えたインプラント治療も可能になっています。

【歯周病バイブル】庄野歯科医院:徳島県徳島市東山手町1-21-1 電話:088-653-2037
診療時間
10:00~14:00
15:30~20:00
15:00~17:30

休診日 日曜日・祝祭日

住所 徳島県徳島市東山手町1-21-1

TEL 088-653-2037

メニュー

ピックアップメニュー

歯周病緊急度チェック メールでお問い合わせ

お知らせ

2016年6月16日
歯周病とタバコページを追加いたしました。
2015年11月13日
当院院長 庄野太一郎が監著した「オーラル・インプラント・リハビリテーション・シリーズ Vol.2」が、クインテッセンス出版から10月10日に発売されました。Vol.1の口腔周囲筋トレーニングに続き、口腔周囲筋ケアによるメンテナンスの方法についてまとめております。
2015年10月14日
歯周病の治し方ページを追加いたしました。
2015年8月6日
当サイト【歯周病バイブル】をリニューアルしました。
2014年9月8日
歯周ポケットの改善法のページを公開しました。
2014年8月12日
歯周病緊急度チェックのページを公開しました。
送迎車導入
医師・スタッフ紹介のページを公開しました。
医学書 オーラル・インプラント・リハビリテーション・シリーズ プロビジョナルレストレーション装着期間中の口腔周囲筋トレーニングの執筆協力をしました。