自覚症状がなくわかりにくい歯周病の初期症状とQA

  • 当院のアクセス・医院情報
  • 088-653-2037

MENU

完治が可能な歯周病初期症状 完治が可能な歯周病初期症状

痛みがないから気付きにくい!歯周病初期(歯肉炎)の症状

歯磨きをした時に、血が出たという経験はありませんか?
歯肉からの出血は、珍しい症状ではないかもしれません。しかし、歯周病の始まりは、つい見過ごしてしまう歯肉の出血や腫れなのです。

近年予防歯科が浸透しつつありますが、日本の歯科診療は治療中心であったために、「痛みが出てから歯医者へ行く」という認識の人がほとんどです。歯肉からの出血があっても、痛みさえなければ放置してしまう人が多いのです。

しかし、歯肉からの出血や腫れは、歯肉のトラブルのサインかもしれません。痛くなくても歯科を受診し、適切な処置を受けることが、歯周病を進行させないため、口の中の健康を維持するために重要なことなのです。

歯周病の初期段階では自覚できる初期症状はありません

歯周病初期(歯肉炎)の段階では、痛みなどの自覚できる症状はほとんどありません。このことが、歯周病を進行させやすい原因と言えるでしょう。

  1. 歯肉が腫れることがある
  2. 歯磨きをした時に出血したことがある

上記に当てはまる場合には、歯肉に炎症が起きている可能性があるため、適切な進行予防が必要でしょう。

歯周病初期は完治が可能

歯周病の初期段階(歯肉炎)は、歯肉に炎症が起こっている段階です。ある程度進行した歯周病でも、痛みなどの症状はありませんから、ご自身で「歯肉炎だろう」と思っていても、進行してしまっている場合もあるので注意が必要です。

中期・後期になると、歯槽骨の吸収が始まります。一度吸収された歯槽骨は元に戻すことはできませんから、元の健康な状態に戻すという意味で完治させることはできません。しかし、初期段階の歯肉炎であれば、元の健康な状態にまで治るのです。

歯周ポケットが深くなるほど、歯周病が進行し、歯槽骨の吸収が進んでいると判断できます。自覚症状のない歯周病は、歯周ポケットの深さを計る検査(プロ―ビング検査)を定期的に受け、発症の早期発見につなげることが大切です。

歯周病初期段階でよくある質問

Qセルフケアだけで治せませんか?

A正しいブラッシングを行い、プラークコントロールがきちんとできていれば、セルフケアだけでも(初期段階ならば)症状が改善する可能性はあります。

しかし、歯肉に炎症が起きたということは、セルフケアや生活習慣に、歯周病リスクとなる原因が隠れているかもしれないのです。適切なセルフケアができていなければ、歯周病を進行させてしまうことになります。

歯周病の初期治療とは、スケーリング(歯石除去)などのクリーニング歯磨き指導生活習慣の改善などを行いますが、今後の再発予防のためにも、定期的にクリーニングを受け、歯磨き方法・生活習慣の見直しが必要でしょう。

徳島の庄野歯科インプラントセンターでは、歯周病の初期治療を行いながら、患者様の歯周病予防や口の中の健康に対する意識の向上を重要視しています。このことは、将来1本でも多くの歯を残していくために、とても大切なことです。


Q口臭がキツイのですが、歯肉炎が原因ですか?

A歯周病は口臭の原因となります。歯周病の原因となる細菌が、ガスを発生するのです。
口臭が原因で、歯周病に気付く人も少なくありません。お口の臭いが気になる場合には、悩まず歯科医院で相談することが大切です。


Q抗生物質など薬で治すことはできませんか?

A歯周病を改善するために、薬物療法も行われていますが、やはり大切なのは初期治療です。
正しい歯磨き方法を身に付け、専門的クリーニングにより歯周病の原因となる歯石やプラークを徹底的に除去し、歯周病リスクを高める生活習慣を改善することが第一となります。

日頃からプラークや歯石を溜めない生活をすることが、歯周病の治療・予防に必要です。抗生物質など薬や使った治療や歯周外科などを行っても、一時的に症状は改善できますが、適切なプラークコントロールができていなければ再発させてしまうのです。

【歯周病バイブル】庄野歯科医院:徳島県徳島市東山手町1-21-1 電話:088-653-2037
診療時間
10:00~14:00
15:30~20:00
15:00~17:30

休診日 日曜日・祝祭日

住所 徳島県徳島市東山手町1-21-1

TEL 088-653-2037

メニュー

ピックアップメニュー

歯周病緊急度チェック メールでお問い合わせ

お知らせ

2016年6月16日
歯周病とタバコページを追加いたしました。
2015年11月13日
当院院長 庄野太一郎が監著した「オーラル・インプラント・リハビリテーション・シリーズ Vol.2」が、クインテッセンス出版から10月10日に発売されました。Vol.1の口腔周囲筋トレーニングに続き、口腔周囲筋ケアによるメンテナンスの方法についてまとめております。
2015年10月14日
歯周病の治し方ページを追加いたしました。
2015年8月6日
当サイト【歯周病バイブル】をリニューアルしました。
2014年9月8日
歯周ポケットの改善法のページを公開しました。
2014年8月12日
歯周病緊急度チェックのページを公開しました。
送迎車導入
医師・スタッフ紹介のページを公開しました。
医学書 オーラル・インプラント・リハビリテーション・シリーズ プロビジョナルレストレーション装着期間中の口腔周囲筋トレーニングの執筆協力をしました。