歯周病発症のメカニズムとリスクを高める生活習慣・健康に良くないこと

  • 当院のアクセス・医院情報
  • 088-653-2037

MENU

歯周病の原因 歯周病の原因

国民病「歯周病」の最大原因とは?

歯周病予備軍も含めると、日本人の8割が歯周病にかかっていると言われています。誰もが注意しなければならない歯周病の最大原因は、プラーク(歯垢)です。

歯についた白いネバネバ汚れがプラークであり、この中にはたくさんの細菌が含まれていて、歯周病や虫歯の原因になります。
プラークは、食事により歯面についた汚れから、細菌が繁殖したものであり、食後8時間程度で作られると言われています。

プラークは歯磨きで除去できますが、ブラッシングだけで100%プラークを除去するのは困難です。
日々プラークは作られ続けていますので、正しい口腔清掃ができていなければ、プラークが蓄積し、自分では除去できない歯石となり、歯周ポケットの奥深くへと菌が繁殖し続けてしまうのです。

歯周病は、プラークや歯石の中に含まれている細菌により、歯周組織(歯肉や歯槽骨)が破壊される恐ろしい病気です。
しかし、もともとはブラッシングで除去できるプラークが原因となっていて、本当は誰もが防げる病気でもあります。歯周病予防・治療で最も大切なのは、「正しいブラッシング」なのです

プラークが付着してから歯肉炎が発症するメカニズム

先にも紹介した通り、歯周病は磨き残しのプラークから始まります。歯と歯茎の隙間にたまったプラークから細菌が繁殖すると、細菌が作り出す毒素によって、歯肉に炎症が起きてしまいます。
この歯肉の炎症(歯茎の腫れ)が、歯周病の始まり「歯肉炎」です。

歯と歯茎の間に溝(歯周ポケット)ができる原因

プラークが石灰化したものが歯石ですが、歯肉と歯の隙間にできやすい特徴があります。そして、歯石の中の細菌は、歯肉と歯の隙間に入り込んでいきます。
細菌が作り出す毒素によって歯肉は壊され、歯と歯肉の間に隙間(歯周ポケット)ができていきます。細菌は、歯周ポケットの中で増殖し、どんどん歯肉を壊して歯周ポケットを深くしていきます。

歯周病の進行を、歯周ポケットで判断することもありますが、健康な歯肉では歯周ポケットが1~3㎜なのに対し、細菌によって破壊された歯肉は歯周ポケットが4㎜以上になります。

歯周ポケットが深くなると、歯を支える骨も溶かされてしまいます

歯周ポケットが深くなると、細菌は歯肉だけでなく、歯を支えている歯槽骨をも破壊し始めます。歯肉炎から進行した病態は、歯周炎と呼びますが、この段階では歯周病が進行している状態です。

歯槽骨の多くが吸収されている重度の歯周炎では、歯周ポケットが10㎜もの深さになっているケースもあります。

歯周病リスクを高める病気・生活習慣

歯周病はプラークの中の細菌によって引き起こされますが、歯肉の抵抗力が低下すると、細菌に打ち勝つことができず、歯周病が発症しやすくなってしまいます。
抵抗力を低下させ、歯周病リスクを高める要因には、次のようなものが挙げられます。

喫煙

喫煙は、歯肉や歯周組織の抵抗力を低下させる原因になります。そのため、歯周病リスクを高めるだけでなく、歯周病を進行させやすくしてしまいます
また、受動喫煙も同様で、歯周病リスクが高まることがわかっています。

糖尿病

糖尿病になると抵抗力が落ちて、歯周病を発症・進行させやすくなります。

さらに、糖尿病が歯周病に悪影響を与えるだけでなく、歯周病になると、糖尿病の症状を悪化することもわかっています。糖尿病のある人は、歯周病治療はもちろん、血糖値のコントロールも行わなければ、どちらの改善にもつながらないのです。

ストレス・疲れ

ストレスや疲れは、抵抗力の低下につながり、歯周病に感染しやすくしてしまいます。
ストレスや疲労を蓄積させないように、こまめに解消することが必要です。

歯周病はもちろん、口の中の健康に良くないこと

次に挙げるものは、歯周病リスクを高めるだけでなく、口の中の健康に悪影響を及ぼしやすいです。

歯ぎしり

歯ぎしりは、噛み合わせ・知覚過敏の悪化、顎関節症、肩こりなどの原因となり、多くのデメリットがありますが、歯周病を進行させる原因にもなります。
過度な力が歯周組織に加わることで、炎症を起こりやすくなるとされています。

口呼吸

唾液には自浄作用がありますから、口呼吸によって口の中が乾燥すると、歯周病や虫歯が発生しやすい環境となってしまいます

悪い歯並び

歯並びが悪いと磨き残ししやすく、、歯周病や虫歯になりやすい傾向があります。

歯周病の予防・治療は、患者様の協力が必要になります

徳島庄野歯科インプラントセンターでは、歯周病の患者様も多く来院されます。歯周病の治療には、外科的治療や再生医療などの最新治療もありますが、やはり正しいブラッシングや歯周病リスクを高める病気・生活習慣の改善などが必要となり、患者様の協力が必要となります。

どんな最新治療・外科治療を持ってしても、日頃の正しいブラッシング・生活習慣の改善なくしては、歯周病は効果的に治療できないのです。

【歯周病バイブル】庄野歯科医院:徳島県徳島市東山手町1-21-1 電話:088-653-2037
診療時間
10:00~14:00
15:30~20:00
15:00~17:30

休診日 日曜日・祝祭日

住所 徳島県徳島市東山手町1-21-1

TEL 088-653-2037

メニュー

ピックアップメニュー

歯周病緊急度チェック メールでお問い合わせ

お知らせ

2016年6月16日
歯周病とタバコページを追加いたしました。
2015年11月13日
当院院長 庄野太一郎が監著した「オーラル・インプラント・リハビリテーション・シリーズ Vol.2」が、クインテッセンス出版から10月10日に発売されました。Vol.1の口腔周囲筋トレーニングに続き、口腔周囲筋ケアによるメンテナンスの方法についてまとめております。
2015年10月14日
歯周病の治し方ページを追加いたしました。
2015年8月6日
当サイト【歯周病バイブル】をリニューアルしました。
2014年9月8日
歯周ポケットの改善法のページを公開しました。
2014年8月12日
歯周病緊急度チェックのページを公開しました。
送迎車導入
医師・スタッフ紹介のページを公開しました。
医学書 オーラル・インプラント・リハビリテーション・シリーズ プロビジョナルレストレーション装着期間中の口腔周囲筋トレーニングの執筆協力をしました。