歯周病の最近が人から人へ移る可能性と遺伝について

  • 当院のアクセス・医院情報
  • 088-653-2037

MENU

歯周病はうつるのか?歯周病が人から人へ感染する原因と遺伝について歯周病はうつるのか?歯周病が人から人へ感染する原因と遺伝について

歯周病の原因となる細菌は人から人へ移ることがあります

歯周病は細菌が原因となる感染症です。そして、歯周病の原因となる細菌は人から人へうつることがあります

自分が歯周病になったら、「家族や恋人にうつるのではないか」と不安になるかもしれません。小さな赤ちゃんがいるお母さんにとっては、深刻な問題に感じられると思います。

周囲への感染を抑制するためにも、適切な歯周病治療を行い、口の中の細菌を減らすことが大切でしょう。

家族や恋人の歯周病感染

赤ちゃんとキスする母親

歯周病菌は、キスや食事の使い回しなどによりうつります。

歯周病の原因となる細菌はたくさんありますから、お子様が持っていなかった細菌が、歯周病の家族からうつるということはありますが、だからと言ってすぐに発症することはありません。
「細菌がうつる」と言いましたが、細菌がうつったことにより発症するとは限らないので、それほど心配する必要はないでしょう。
歯周病は1つの細菌によって感染するわけではないのです。

歯周病の原因菌にはたくさんの種類があり、年齢を重ねるごとに口の中に存在する細菌の種類は増えるとされています。これは、キスを含め、さまざまな接触があり、細菌への感染を重ねるためです。
そのため、年齢が高くなるほど歯周病の発症リスクは高くなると言えますが、きちんとプラークコントロールを行っていれば、発症リスクも抑えられます。

お子様の歯周病を防ぐには

近年、小さな子供にも歯肉炎が増えていることが問題視されています。子供は、大人に比べて歯周病になりにくいですが、子供がかからない病気ではありません。
そのため、小さいうちから定期検診を受け、正しい口腔ケアを身に付けることが大切でしょう。

歯周病には遺伝性がありますか?

ブラッシンググッズを持ってツヤツヤしている擬人化された歯と、後ろでビビっている歯周病菌っぽいイラスト。

特殊な場合を除き、一般的な歯周病には遺伝性はないと考えられています。
正しいブラッシングを行い、定期的に歯科医院でのメンテナンスを受けることにより、歯周病は予防することが可能です。
しかし、家族の歯周病菌はうつりますので、重度の歯周病にみられる細菌(Pg菌:Prophyromonas gingivalis)が親から子に感染すると、親子とも重度の歯周病になる可能性はあります。

また、歯周病の発症には、細菌だけでなく糖尿病やストレス、抵抗力なども関連しています。歯周病リスクを高める遺伝的要素がある場合には、親子とも歯周病になる可能性が高いと言えるでしょう。

遺伝性があると考えられている歯周病「若年性歯周炎(侵襲性歯周炎)」

歯周病は現代病とも言われ、多くの人がかかっている病気です。しかし、歯周病の中には、重症化しやすく、予防ができない10~30代の若い年代で発症する「若年性歯周炎(侵襲性歯周炎)」という歯周病もあります。罹患率は0.1%以下であり、特殊な歯周病です。

この若年性歯周炎は、遺伝的な要因があると考えられているのですが、詳しいことは明確になっていません。

【歯周病バイブル】庄野歯科医院:徳島県徳島市東山手町1-21-1 電話:088-653-2037
診療時間
10:00~14:00
15:30~20:00
15:00~17:30

休診日 日曜日・祝祭日

住所 徳島県徳島市東山手町1-21-1

TEL 088-653-2037

メニュー

ピックアップメニュー

歯周病緊急度チェック メールでお問い合わせ

お知らせ

2016年6月16日
歯周病とタバコページを追加いたしました。
2015年11月13日
当院院長 庄野太一郎が監著した「オーラル・インプラント・リハビリテーション・シリーズ Vol.2」が、クインテッセンス出版から10月10日に発売されました。Vol.1の口腔周囲筋トレーニングに続き、口腔周囲筋ケアによるメンテナンスの方法についてまとめております。
2015年10月14日
歯周病の治し方ページを追加いたしました。
2015年8月6日
当サイト【歯周病バイブル】をリニューアルしました。
2014年9月8日
歯周ポケットの改善法のページを公開しました。
2014年8月12日
歯周病緊急度チェックのページを公開しました。
送迎車導入
医師・スタッフ紹介のページを公開しました。
医学書 オーラル・インプラント・リハビリテーション・シリーズ プロビジョナルレストレーション装着期間中の口腔周囲筋トレーニングの執筆協力をしました。