歯周病バイブル - 日本人の8割が罹患する生活習慣病の治療/原因/症状

  • 当院のアクセス・医院情報
  • 088-653-2037
歯周病バイブル【庄野歯科医院】

MENU

気付いてからでは遅い!歯周病3つのリスク

歯周病のリスクその1 歯が抜け落ちる しかめっ面で頬に手を添える女性と落ち葉

進行するとさまざまな症状が現れ、重度になると歯が抜け落ちる。歯周病は本当に恐ろしい病気なのです。

歯周病のリスクその2 完治が困難 手の施しようがないというジェスチャーの医者

歯周病は、薬を飲めば治る病気ではありません。そして、簡単に症状を改善できる病気でもありません。

歯周病のリスクその3 全身に悪影響 苦しそうに胸をおさえる男性

糖尿病をはじめ、心臓病・腎臓病・がん・脳卒中・動脈硬化など、多くの重大な全身疾患のリスクを高めます。

初期症状なく無自覚で進行していくから恐ろしい!歯を失う二大原因の一つ「歯周病」

庄野歯科理事長:庄野太一郎
徳島 庄野歯科医院理事長:庄野太一郎

歯周病とは、かつて「歯槽膿漏」と呼ばれていた病気です。プラーク(歯石)や歯石の蓄積から始まります。
誰の口の中にもありそうな、プラークや歯石から、歯の脱落を招く恐ろしい感染症が始まるのです。

特別な病気のように感じている人も多いかもしれませんが、歯肉のトラブル、歯石の付着などの「健全」とは認められない歯周病予備軍も含めると、日本人の8割にも達するのですから、誰もが注意すべき歯周疾患だと言えるでしょう。

歯を失う主な原因は、「虫歯や虫歯由来の原因」と「歯周病」の2つに大別できます。そして、年齢が高くなるほど、歯周病による歯の喪失の割合が高くなります。
将来多くの歯を残していくために、早い段階からの歯周病予防・治療が必要なのです。

早期発見・早期治療のために、歯周病を知ることから始めましょう

歯周病の原因と発症メカニズム

口を半開きにして頬をおさえる女性

歯肉炎がどのように起こり、進行して歯周炎となるのか、そして、歯周病によって歯の脱落が起こる原因、歯周病リスクを高める要因などを紹介します。詳しく見る

歯周病を引き起こす「歯周病菌」とは

歯周病で汚れた歯のイメージ

プラーク1ミリグラムに含まれる細菌の数は1億とも言われています。この原因菌が、歯周病の発症だけでなく、全身疾患にも影響を及ぼすのです。詳しく見る

こんな症状ありませんか?~セルフチェック~

チェックを迫る医者

つい見逃してしまうちょっとした症状が、歯周病発症を知らせてくれていることも!早期発見のため、歯を守るために、ぜひチェックしてみてください。詳しく見る

進行度①:歯周病の初期症状【歯肉炎】

歯周病初期の症状

歯周病の初期段階「歯肉炎」の症状。この段階で治療を始めなければ、完治が困難となってしまう可能性があります。詳しく見る

進行度②:歯槽骨吸収が始まる【中期歯周炎】

中期に進行した歯周病のイメージ

歯肉炎が進行すると、歯槽骨吸収が始まります(歯周炎)。しかし、この段階でも、痛みなどの目立った症状はなく、進行させてしまうケースも多いです。詳しく見る

進行度③:歯がグラつき脱落も【重度歯周炎】

歯周病の末期症状

歯肉から膿、歯の動揺、歯周ポケットが8ミリ以上…と、目立った症状はありますが、ここまで進行すると抜歯が必要になる場合もあります。詳しく見る

歯周病治療の流れ

歯科診療器具

歯周病治療の基本は歯磨きです。どんな薬や技術を持って治療を行っても、適切なプラークコントロールなしでは、症状の予防・改善は望めません。
当院では、専門知識を持った歯科衛生士による、ブラッシング指導・歯石除去・クリーニング、生活習慣改善などの初期治療を中心に進めていきます。

歯周病に必要となる治療は、進行段階によって異なります。歯周病初期(歯肉炎)の段階では、初期治療だけで改善できますが、進行すればするほど、負担のかかる治療が必要になり、重度歯周炎になると、外科的手術(歯周外科)も必要になります。詳しく見る

歯周病は簡単に治る病気ではありません

頬を押えるサラリーマン風の男性

歯周病は、薬を飲めば治る病気ではありませんし、簡単に症状を改善できる病気でもありません。また、症状が改善されたとしても、一度破壊された歯肉や歯槽骨が元に戻るわけではありません。

当院では、GTR法やエムドゲインといった再生治療など、機能的にも審美的にも、健康な元の状態に近付けるための最新治療を行っています。
歯周病の進行抑制、症状改善の治療はもちろん、見た目や噛み心地を改善させる治療も行います。詳しく見る

徳島は歯周病の罹患率が全国平均よりも高くなっています

徳島と歯周病

歯科診療所数は全国平均を上回る徳島ですが、歯周病罹患率は全国的に高い結果となっています。
「痛くなったら歯医者に行く」という認識の人が少なくありませんが、歯周病は痛くなった頃には進行してしまっています。吸収された顎の骨は、再生治療や骨移植を行わなければ元に戻りませんし、下がった歯肉も手術なしでは元に戻りません。歯周病にかからないようにすること、歯周病が進行しないうちに治療を開始することが大切なのです。

負担のかかる手術が必要になったり、抜歯しなければならなくなったりする前に、歯周病予防のための検診を受けることが必要です。歯が痛くならないために歯医者に通うことが重要なのです。詳しく見る

歯周病治療を安全・安心にできる当院の施設

最新の設備で安全・安心な治療が可能です。

リラックスしながら治療ができる歯科治療室
リラックスした雰囲気の治療室
最新の設備が整ったインプラント専門のオぺ室
インプラント専門のオペ室
笑顔が気持ちの良い受付
笑顔が気持ちの良い受付
暖かい光が溢れる待合室
暖かい光が溢れる待合室
患者様の顎の細部までわかるCT
患者様の顎の細部までわかるCT
暖かい光が落ちつくロビー
暖かい光が落ち着くロビー
患者様のプライバシーを守るカウセリングルーム
プライバシーを守るカウセリングルーム
柔らかい光とアートが共有する中庭
柔らかい光とアートが共有する中庭
患者様とのカウセリング風景
患者様とのカウセリング風景
【歯周病バイブル】庄野歯科医院:徳島県徳島市東山手町1-21-1 電話:088-653-2037
診療時間
10:00~14:00
15:30~20:00
15:00~17:30

休診日 日曜日・祝祭日

住所 徳島県徳島市東山手町1-21-1

TEL 088-653-2037

お知らせ

2015年11月13日
当院院長 庄野太一郎が監著した「オーラル・インプラント・リハビリテーション・シリーズ Vol.2」が、クインテッセンス出版から10月10日に発売されました。Vol.1の口腔周囲筋トレーニングに続き、口腔周囲筋ケアによるメンテナンスの方法についてまとめております。
2015年10月14日
歯周病の治し方ページを追加いたしました。
2015年8月6日
当サイト【歯周病バイブル】をリニューアルしました。
2014年9月8日
歯周ポケットの改善法のページを公開しました。
2014年8月12日
歯周病緊急度チェックのページを公開しました。
送迎車導入
医師・スタッフ紹介のページを公開しました。

メニュー

ピックアップメニュー

歯周病緊急度チェック メールでお問い合わせ 医学書 オーラル・インプラント・リハビリテーション・シリーズ プロビジョナルレストレーション装着期間中の口腔周囲筋トレーニングの執筆協力をしました。