薬物治療で治す歯周病の治療方法と治療に使われる抗生物質

  • 当院のアクセス・医院情報
  • 088-653-2037

MENU

薬で治す歯周病治療 - 治療で使用する抗生物質の種類 薬で治す歯周病治療 - 治療で使用する抗生物質の種類

歯周病治療における薬物療法

多くの感染症治療で、抗生物質が用いられます。歯周病も感染症ではありますが、抗生物質を服用しただけでは治りません。
薬を飲んだだけでは治せないところにも、歯周病治療の難しさ、病気の恐ろしさがあると言えるでしょう。

歯周病治療の基本はブラッシング

歯ブラシ

このサイト内だけでも、「歯周病治療の基本はブラッシング(プラークコントロール)」であることを、何度も言っているかと思います。
歯周病の原因は、細菌が含まれているプラークや歯石であり、これを除去しなければ、歯周病は改善しないのです。物理的に、歯周病菌を取り除くことが必要なのです。

「抗生物質で細菌を減らせば治るのではないか」と思う人も多いかもしれません。
しかし、ジスロマックなどの抗生物質を、急性症状の改善に使用することはありますが、根本の原因は取り除けません。
歯周病の根本原因であるプラーク・歯石を除去できていなければ、たとえ薬で症状が改善されたとしても、薬の服用をやめると、歯周病の再発を招きかねないのです。

「歯肉の腫れをなんとかできる塗り薬はないのですか?」などの質問を受けることもありますが、プラークコントロールができていなければ、薬を使ったとしても、治療はうまくいかないでしょう。

歯周病治療は、薬で治せる病気ではありませんから、日々行うブラッシング、定期的メンテナンス(歯石取りやクリーニング)を続けることが大切です。

抗生物質を飲み続けることはできないの?

抗生物質を継続して服用すれば、細菌を減らして、歯周病の再発や悪化を防げるのではないか!?
と思うかもしれません。
しかし、抗生物質の服用を長く続けていると、抗生物質が効かなくなってしまいます

「薬物耐性」や「薬剤耐性」、「薬剤抵抗性」などと言いますが、薬への抵抗力が作られるために、薬の効果が得られなくなってしまいます
抗生物質などの薬は、用量や用法、使用期間を守って使用することが大切です。

歯周病治療に使われる抗生物質

歯周病治療で、短期的に使用される抗生物質には、主に次のような種類があります。

  1. ジスロマック
  2. クラビット
  3. フロモックス
  4. クラリス

抗生物質の服用で、下痢などの副作用が現れることもあります。

【歯周病バイブル】庄野歯科医院:徳島県徳島市東山手町1-21-1 電話:088-653-2037
診療時間
10:00~14:00
15:30~20:00
15:00~17:30

休診日 日曜日・祝祭日

住所 徳島県徳島市東山手町1-21-1

TEL 088-653-2037

メニュー

ピックアップメニュー

歯周病緊急度チェック メールでお問い合わせ

お知らせ

2016年6月16日
歯周病とタバコページを追加いたしました。
2015年11月13日
当院院長 庄野太一郎が監著した「オーラル・インプラント・リハビリテーション・シリーズ Vol.2」が、クインテッセンス出版から10月10日に発売されました。Vol.1の口腔周囲筋トレーニングに続き、口腔周囲筋ケアによるメンテナンスの方法についてまとめております。
2015年10月14日
歯周病の治し方ページを追加いたしました。
2015年8月6日
当サイト【歯周病バイブル】をリニューアルしました。
2014年9月8日
歯周ポケットの改善法のページを公開しました。
2014年8月12日
歯周病緊急度チェックのページを公開しました。
送迎車導入
医師・スタッフ紹介のページを公開しました。
医学書 オーラル・インプラント・リハビリテーション・シリーズ プロビジョナルレストレーション装着期間中の口腔周囲筋トレーニングの執筆協力をしました。